2020年2月、日本→中国移動の記録①

消えたドメインから

僕のミスで消し飛んでしまった以前のドメインですが、サーバーにログが残っていることが判明したので、随時加筆修正の上復活させてみようと思います。
以前のブログでは「コロナウイルス流行時の記録~」としていたのですが、これはコロナが数ヶ月で終わるだろうという推測のもとつけたタイトルでした。まさかこれ以降今日までの記事が全て「コロナウイルス流行時の記録」になるとは思っていませんでした。わからんもんです。
過去のことは一年も経つと新しい情報やその後の出来事につられ、無意識のうちに書き換えたり、忘れたりすることが多いといいます。そこで修正を最小限にして、頭の中が完全に書き換えられる前の記録を残すことにします。
では、いってみましょう。

1月17日 気楽に帰国

僕の住む街から空港のあるところまで高速鉄道で移動して前泊、翌日は早起きして、朝の便で帰国。

この時点で「武漢で肺炎が起きた」というニュースは頭の片隅にあったのですが、はっきり言って気にしていませんでした。恐らく他の乗客も同様でしょう。どれくらいの人がマスクをしていたかなんて一切覚えておりません。きっといつも通りだったと思われます。出入国も平常通りで、日本の入国の人がかったるそうにサーモグラフィを眺めていたのを覚えております。

そして翌日友人と飲みに行き、そこで初めて武漢で肺炎が出たという話をした記憶があります。人並みに心配はしましたが、今日(20/02/08)のような状況になるなんて全く想像していません。

ちなみに、武漢市衛生健康委員会の発表(中国語)によると、17日24時の時点で、武漢全体で計62名の感染者が出ていたとの事です。

ところで、1月11日から既にこの形式の発表を行っていたんですね。無警戒とはいえ、肺炎のことを知っていたのは、こうした情報を中国のネットで見ていたからだったのかもしれません。

そしてこの数日後から、事態は急展開することになります。

次回へ続く

朝の空港。早い飛行機に乗るため、空港で一夜を過ごした人もいました。

maelific526

現在中国で日本語教師をしております。 日々の出来事、気になったことをなどを気楽に書いていきたいと思います。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください